インプラントで輝く笑顔【ダイヤモンドのような強度をGET】

医療器具

手術方法の違い

先生

インプラントを埋め込む手術には、一回法と二回法という方法があります。一般的には二回法で行う方が多いと言われています。二回法とは、一次手術で歯茎を切開し顎骨にドリルで穴を開け、インプラントを埋め込みます。そして一回、歯茎を縫合し、仮の歯をつけて、インプラントと骨が結合するまで3~6ヶ月程度待ちます。結合すると、二次手術として再び歯茎を切開し、アバットメントというものを結合部分に装着します。そして、最後に、アバットメントに人工歯を装着して終了となります。一回法とは二回法で行った手術を一回で行ってしまうという方法です。一回法では、インプラントとアバットメントが一体化になっている1ピース型と、別々になっていて、埋め込みが完了した後にアバットメントを装着する2ピース型の二種類があります。一回法の方が楽でいいやと思う方も多いと思いますが、一回で行ってしまう事により感染を起こしてしまうリスクが高くなってしまうようです。なので、二回法の方が安全ということで、二回法で行っている人の方が多いようです。

最近の歯科ではインプラントだけでなく、予防歯科も行っています。予防歯科は人々の歯を病気から守るサービスで、綺麗なブラッシングを教えてくれます。歯には正しいブラッシングが何よりも大切で、磨き残しがあるとすぐに虫歯になってしまいます。虫歯進行すると歯を抜いてしまうことになり、またインプラントを受けなくてはならなくなります。そのため、正しい歯磨きを学ぶために予防歯科を利用しましょう。

Copyright© 2016 インプラントで輝く笑顔【ダイヤモンドのような強度をGET】 All Rights Reserved.